読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノブノブログ

現役ニートの器用貧乏雑記

人生を後悔しない為に。ナースが聞いた『死ぬ前に後悔する事』トップ5!

f:id:nov13:20160825030330j:plain

あなたは今後悔しない生き方をしていますか??おそらく大多数の人が”NO”と答えるでしょう。そんなあなたの為に5つの言葉を贈ります。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

 

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これが最も多いらしい。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。

 

やりたい事があるのなら万々歳!!己を信じてその道に突き進むしかない。失敗なんてして当たり前だ!

 

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

 

日本の労働環境下ではこう感じる人はもっといそう。仕事も大事ですが、もっと大事な事が沢山ある。バランスは大切ですね。

 

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。

 

今のご時世、可もなく不可もない人生を送ることさえも難しいかもしれない。しかし、間違ってることは間違ってる!やりたくないことにはNO!したいことはしたい!と言いましょう。あれもしたい!これもしたい!ブルーハーツですね。

 

4. 「友人関係を続けていれば良かった」

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。

 

年をとるにつれて、疎遠になっていく友人。仕事が忙しい、住んでるところが遠いなどの理由で後回しにしていると会えずに死んでしまうかも。ラインを1通送るだけでも違うかもしれません。

 

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。

 

世間に流されるようにレールに敷かれた人生を歩むのは悪い事ではないですが、そこに「意志」がなければ悔いが残る人生になってしまいます。

 

総括:行動した後悔より行動しなかった後悔

以上、ナースが聞いた『死ぬ前に後悔する事』トップ5でした。

 

いかがでしたか?どれもこれも心に突き刺さる言葉ばっかりですね。死に際に放つ言葉はリアルです。

 

この記事の最初に貼り付けている画像をもう一度ご覧ください。

f:id:nov13:20160825030330j:plain

小さな文字で見にくいですが、"IN LIFE YOU DON'T REGRET THINGS YOU DO. YOU REGRET THE THINGS YOU DON'T DO"と書かれています。

訳すと「行動した後悔より行動しなかった後悔」

 

毎日自分に素直に生きていれば、おのずと後悔も減っていくのではないでしょうか?

広告を非表示にする
Copyright © 2016 ノブノブログ All rights reserved.