ノブノブログ

ニートの器用貧乏雑記

マニラ・パーティ三昧の旅 vol.3 気合いで下痢を治す

f:id:nov13:20161014175647j:plain

ANAビジネスクラスでフィリピンのマニラへ2016年9月27日から2016年10月4日の間行ってきました。

メインはナイトライフを楽しむこと!!いつも通りノープランでのバケーション。

現地に住む日本人の友達、サウジアラビアからの友達も現地で合流しての1週間です。

 

前回のあらすじ

ANAビジネスクラスで余裕ぶっこいてマニラに到着したものの2日目にして下痢になる。

友人との久々の再会にも全然楽しめずトイレに駆け込む1日。

 

マニラでベッドで寝たきり

昨日の下痢ラッシュから一夜明け、ベッドから出られないノブでございます。

 

まだお腹の痛みは続き、何にも食べる気にならない。

すでにトイレへは数え切れないほどお世話になっていてお腹も空っぽなのに。

ホテルの美味しい朝食付きプランなのにこの日はパスした。

 

痛みは治まる様子もなく、血便まででてくる始末。

 

海外の下痢を完全に見くびってました。

これまで結構いろんな国に行きましたが、ケガや病気や犯罪とは無縁でした。

 

病院に行くことも考えましたが、動くのすら面倒くさくて寝て治すことに決めました。

ネットで調べると原因はウィルスや細菌の可能性が高く、薬は飲まないほうがいいとのこと。下痢止めの作用で菌が体内にとどまり、症状が長引くらしい。

なので日本から下痢・腹痛の薬を持ってきていたが飲みませんでした。

 

脱水症状を避けるために水分だけはきちんと取りひたすら寝た。

(もちろんその間に何回もトイレに行ってます。笑)

 

1日ぶりの食事はスープ

1日中悶え苦しみながらも、日が沈む頃に目が覚めた。

お腹に違和感があるものの70%ぐらい回復していた。

 

便も出し切り、寝たのが良かったのかな?

ネットでは1週間ぐらい続くと書いていて心配していたけどラッキーでした。

原因はストレスや水が合わないなど人それぞれなので、ちゃんと病院に行って、現地の薬を飲んだほうが良い場合もあるそうです。

 

今夜はもう1人のサウジアラビアの友人がマニラに到着しておりみんなでディナー。

「酒はなし」と自分に良い聞かせホテルを出た。

 

今夜のレストランはこちら"Blackbird"

以前の空港の管制塔をそのまま使用した有名なレストランです。

住所:The Nielson Tower, Ayala Triangle, Makati

f:id:nov13:20161014182608j:plain

 

この場所何から何までかなりオシャレで落ち着けます。

 

みんなは美味そうな肉食べてるのに体調の悪い僕はペットボトル(ここ重要)の水とオニオンスープ。

ちなみにこれが今日の1食目。

f:id:nov13:20161014183418j:plain

 

スープはあまり美味しくなかったが、空っぽのお腹には優しく調度良かったです。

 

この時、食事中にも関わらず下痢の原因をみんなで話し合っていたんですが、

おそらく1日目のビアポンではないかという結論に至りました。

 

床に落ちたピンポン球が入ったカップのビールを飲むので衛生的にはよろしくないです。

 

電話の向こうは賑やかなバーでした

下痢の原因もわかったところで、お酒の飲める場所へ!!

 

車でBGCに移動し"Ocean's Telephone Company"というバーに行きました。

住所:Inside Frank & Dean, Forbes Town Center, Burgos Circle, Bonifacio Global City, Taguig City

ここにたどり着くのは少し難しいです。

写真の右に見えるFrank & Deanというお店の中に入り階段を上がったら入り口が出てきます。

f:id:nov13:20161014184109j:plain

 

名前の通り、ドアが公衆電話になっています。

この時、お腹の異変を察知し写真を撮るのを忘れてしまいました。

「ここホンマに入り口!?」となってしまうドアです。笑

 

中に入るとDJブースとバーカウンターが奥にあり、半分フロア、半分テーブルになっています。

f:id:nov13:20161014185519j:plain

 

バーカウンター。至る所にウイスキーの銘柄のネオンがあり、謎のウイスキー推し。

f:id:nov13:20161014190917j:plain

 

みんな楽しそうに飲んでいるが僕はレモネード。

12時ぐらいになると人も増えてきて賑やかでした。

 

サーズデーナイトフィーバー "House Manila"

Ocean's Telephone Companyでしっかりウォッカのショットを飲まされ、お腹も快調になってきたところでクラブに行くことに。

 

先ほどのバーとは少し離れます。

空港の真横にあるレミントンホテル内にある比較的新しいクラブ"House Manila"

BGCからは車で15~20分。

住所:Newport Boulevard, Pasay Airport Area, Pasay, 1309 Metro Manila

f:id:nov13:20161014191432j:plain

 

平日は中をカーテンで仕切りフロアの半分だけ営業している。

f:id:nov13:20161014191516j:plain

 

人は多からず少なからずで遊びやすい。

 

みんなはシャンパンで乾杯していたが、僕はアイスティー。

「今日はまだ木曜日、本番は明日から」と再び自分に言い聞かせ我慢。

お腹と話し合い、念には念を入れた。

f:id:nov13:20161014191622j:plain

 

House Manilaには土曜日にもう一度お邪魔しました。

週末はハンパなかった。

 

次の日はマニラで髪の毛を切る。

マツコデラックス似のスタイリストがついて不安が募るばかり。

広告を非表示にする
Copyright © 2017 ノブノブログ All rights reserved.