ノブノブログ

ニートの器用貧乏雑記

みんな投資やってる!?日本の投資人口はどれぐらい?

f:id:nov13:20170820191206j:plain

タイトルの答えは「いや、全然やってない!!」

日本の投資人口ってめっちゃ少ないです。衝撃的なデータがあったんで数字で紹介します。

 

日本の投資人口

Facebook見てたら友達の”イイネ!!”でたまたま見つけた記事をざっくりまとめて紹介します。

ここで若いうちに投資を始めろって書いたけどそれ以前の問題かも。

 

今から紹介するデータを見てやっぱ投資はまだいいわって人これ逆にチャンスちゃう!?ていうに人わかれますね。

 

まずは、日本国民に聞いた「あなたは投資をしているか?」という問い。

こんな感じ。

実にたった30%の人しかなんらかの投資をしてない!!

f:id:nov13:20170820191449j:plain

まぁ少ないけどこれぐらいかなって印象。

 

20代の投資家は極少

で、これを年代別にみてみると、、、

 

20代 6.7%!!!

f:id:nov13:20170820194101j:plain

かなり少ないですねー。少なすぎる。

 

逆に60代以上だと45.2%でほぼ半分。

これでわかるのはやっぱり「年取ってからで良いやー」、投資は金持ちがするもの」、「借金を負う」、「ギャンブルだ!」っていうイメージを持ってる人が多いんでしょうね。

 

そりゃ知識も経験もなしに、やみくもに投資したって利益は出ないし、リスクコントロールもできません。

 

免許持ってない人が車運転したらそら危ないやろっていうのと一緒。

 

教習所で学科と技能を同時に進めていくように投資も知識をインプットしながら実際何かに投資してみるのが一番大事。

 

あと、まとまったお金がないと投資なんてできないって思ってる人が多いけどワンコインからできるものもあるし、ハードルはみんなが思ってるほど高くはないです。

 

投資先は国内株式がトップ

こちらは投資している人がどんな金融商品を持っていうるか?とういのを割り出したもの。

f:id:nov13:20170821042628j:plain

圧倒的に国内株式が多いですね。

 

個人的にはこのグラフの割合もっと横並びにフラットになってもいいんじゃないかなーと思います。

 

貯金好きな日本人

次のデータが一番衝撃的だった。

最近新聞でも取り上げられてましたが、日本と海外の金融資産の比較をあらわしたグラフ。

 

f:id:nov13:20170821044633j:plain

 

日本は現金・預金の割合が約5割

 

一方アメリカはなんと約1割!!

金融資産のほぼ半分を投資信託や株式に投資している。

 

見事に真逆の結果が出てますね。

 

この原因は間違いなく日本人の金融リテラシーの低さ、教育不足にあります。

 

知識ゼロでふわふわっと株買って、FXして大損して「投資怖い」ていうイメージがついてそれがスタンダードな印象になっちゃうていう悪循環に陥っている。

 

「おカネの使い方」を教える米国と教えない日本

この記事でも言ったけどアメリカの金融教育はほんとにレベルが高い。デモトレードでありながらも授業で株式の売買を学ぶ。

関連記事:投資は時間を味方につけたもん勝ち。Time is Moneyや。

 

あと、これもフォーブス読んでたら見つけたドンピシャな面白い記事。

 

記事の最初にあるこの部分、

リチャードは高校を卒業すると同時に、日本の大手外食企業の手掛けるレストランに就職した。たちまち頭角を現し、西海岸の店舗網を統括するマネジャーにまで昇進した。

「てっきり褒められると思ったのにとんでもない。Shame on youだって」。

とんとん拍子に出世している息子に、恥を知れ、と怒ったというのだ。

「人に使われてどこが面白い。今の会社は辞めろ。事業は自分でするもんだ」。

父親のジェフェリーは京都出身で、関西の大学を卒業するや、迷わず着の身着のままで渡米。苦学してコロンビア大学大学院を卒業すると、米国政府機関勤めを経て起業した。

日本人の親だったら99%こんなの言わへんね。

 

正社員で同じ会社に一生勤めるのが日本人の労働に対する美学。しかし、その考えた方は完全に破綻しているし、人生をエンジョイできるのかも疑問。

 

シンプルに言えば個の力をもっと高めるべきである。

 

出典元:http://money-bu-jpx.com/news/infographic/article000374/

Copyright © 2017 ノブノブログ All rights reserved.