ノブノブログ

ニートの器用貧乏雑記

ノープランヨーロッパ周遊旅行記 vol.2 オーストリア編(ウィーン)

f:id:nov13:20160828193627j:plain

大学2回の夏、親友と2人でヨーロッパを周遊。

面倒くさがり屋の僕たちは、往復の航空券だけ握りしめて日本を出た。

ガチンコのノープラン旅です。時は2010年8月〜9月。

 

前回のあらすじ

成田から出発!!

と思いきや行きの飛行機でいきなりハプニング発生。

飛行機の中でも、空港の中でも待たされっぱなしの1日でした。

 

ウィーン到着!!

日本を出発して約20時間ほど、ようやく最初の目的地ウィーンに到着。

 

ウィーン市内までは電車でGO!!もちろん、タクシーやバスもありました。

時間は20〜30分ぐらいだったと思う。

途中はかなりの田舎でずっ〜とこんな景色でした。

f:id:nov13:20160828193916j:plain

 

無事着いたのは良かったんですが、僕たちなんせノープランなので地図もなければウィーンに何があるのかさえもわかってない状態です。(笑)

しかも、着いたのが朝6時ぐらいで全然人が見当たらず聞くにも聞けない。

 

「あの2人都会に行きそうちゃう!?」

 

ということで仕方なくビジネスマン風の2人についていくことにしました。(笑)

f:id:nov13:20160828195629j:plain

 

速攻見失う。。。

街並みに圧倒されていたら数分で見失う。まぁ最初から当てにはしてないのでなんら支障はなかったんですけどね!!

それにしても街並みが綺麗すぎて看板や広告すらないのでどこかどこかさっぱりです。

f:id:nov13:20160829001353j:plain

 

やっと観光地を見つける

適当に10分ぐらい歩いたでしょうか。

なんやらそれっぽい建物が出てきました。人もいっぱいいます!! 

f:id:nov13:20160829005537j:plain

 

かの有名なシュテファン大聖堂でした!!

ウィーンの街のシンボルです!!

世界遺産です!!

 

当時はなんなのかもわからず写真撮ってます。

ほんと写真撮るのヘタクソですみません!!

工事中でハリボテでした。

f:id:nov13:20160829012510j:plain

 

造りが細かいところまでしっかりしててアートを感じました。

ここら辺はウィーン歴史地区と呼ばれているらしくそこら中に世界遺産が存在しています。

 

なにも知らずに写真撮ってたら世界遺産ですもんね!

ドラえもんもビックリですね!!(笑)

f:id:nov13:20160829014452j:plain

 

大聖堂をあとにして、さらに歩き続けます。

朝市みたいなマーケットに遭遇。

色とりどりに並ぶハダカの野菜たち、量り売りしてるところを見ると海外に来たなーて感じます。

f:id:nov13:20160829014803j:plain

 

この通路の幅絶妙じゃないですか??

共感できる方いますかね?

この距離感!!ごちゃごちゃしすぎず、スッキリしすぎず。

f:id:nov13:20160829020718j:plain

 

ただひたすら歩き続ける

僕たちは歩き続けます。

どこまでも、どこまでも、行き先なんて知らないさ。

NO DESTINATION

 

馬車があったり、

f:id:nov13:20160829022158j:plain

 

それっぽいところで写真撮ったり、

僕に似ているのか向こうの人も写真があまりうまくないようです。

f:id:nov13:20160829022331j:plain

 

まるでCGのような街並みに驚いたり、

f:id:nov13:20160829022545j:plain

 

彷徨いながらもまたまたそれっぽい所に辿り着きます。

こちらも世界遺産のベルヴェデーレ宮殿。ウォッカっぽい名前ですね。

もちろんそんなことも知らずに写真撮ってます。全部事後報告です。笑

f:id:nov13:20160829023111j:plain

 

ここにはどつき合いしてる彫刻があったり、

「え〜い、お前明日の朝のチーズ食うたやろ〜ツルツルの刑や〜!」

「あ〜脇毛だけはあか〜ん!」

f:id:nov13:20160829023423j:plain

 

すごいカメラ目線のケンタウロスの女版?がいたり、

f:id:nov13:20160829023437j:plain

 

この宮殿の歴史なんて1ミリたりとも学ぼうとせずふらふら歩き回っていた時、重大なことに気づきます。

 

重大なことにようやく気づく

「カバン重くね!?」

 

そうです。僕たちでっかいカバンを持ちながら今まで歩き続けてたんです。

普通なら宿に置いて観光するかロッカーに預けますよね??

ヨーロッパに着いて興奮しっぱなしの僕たちは、そんな概念すら頭になく闇雲に歩き回っていました。

 

なぜなら宿が決まってなかったから。

 

「ルネッサ〜ンス!!どうもホームレスです!!」

 

チーズの争いには巻き込まれたくない一心で情報を手に入れるため賑わってる所へ戻ります。

 

今まで来た道を戻り、ウィーン国立歌劇場を華麗にスルーし観光案内所を探す。

何度も言いますが、写真を撮ってる当の本人は何かわからずに撮ってます。

f:id:nov13:20160829030419j:plain

 

しばらくして、”?”マークの付いた小さい建物を見つけます。

ここでようやく地図をゲット!

ホステルの場所聞いてるのに観光案内所のおばちゃんはやたら「ここに行け!」と勧めてくる。

そこは皆さんもご存知マリーアントワネットが住んでいたシェーンブルン宮殿

もちろんここも世界遺産

 

当時、純粋な僕たちはイエスマンと化しシェーンブルン突撃を決断する。

しっかり近くのホステルも教えてもらいました。

 

この旅では到着する街ごとで観光案内所にお世話になりました。

皆さんも迷ったら?マークへGO!!

 

いざシェーンブルン宮殿へ!!

市内に電車が通っていることを教えてもらった僕たちは早速電車で宮殿に向かう。 

f:id:nov13:20160829030915j:plain

 

15分ほどで最寄駅に到着。

駅から出て少し歩くと、門が見えてきました。

見た瞬間さっきまで適当にたどり着いていた世界遺産とはオーラが違うのがわかりました。

f:id:nov13:20160829173004j:plain

 

まず、スケールが全然違うし人も多い。

 

正面の建物を抜けると庭園が広がります。

ご覧の通り、デッカイバッグ持ったままです。背負えるようなバッグパックでもありません。

f:id:nov13:20160829173922j:plain

 

もちろんこの後、奥の神殿まで歩くことになるんですが、想像を絶する遠さでした。

 

途中にはモーセがぶった切ったような木が並んでいたり、

f:id:nov13:20160829174340j:plain

 

振り返ると先ほどの宮殿がメチャメチャ綺麗だったり、

f:id:nov13:20160829174528j:plain

 

と、序盤は周りの景色を楽しみながら進んでいたのですが、途中から坂になり口数も減っていきます。

1日中バッグを持って歩き回っているので、疲労は半端なく溜まっていました。

 

20〜30分ほど歩いたでしょうか。

ようやく神殿みたいなのに辿り着きます。

近くで見るとそこまで大きくなかった。上にも登れます。

f:id:nov13:20160829174559j:plain

 

振り返るとウィーンの街並みが広がっています。

この景色はホントに綺麗でした。オススメスポットです。

途中で諦め出ないでよかった。

f:id:nov13:20160829175150j:plain

 

感動していたのも束の間。

 

戻らなあかんのですよ。当たり前ですけど。

 

ここに荷物置いて行こうかと考えたぐらい疲れてました。

さっきまでのアドレナリンはもう出てきません。

 

少し休んでから折り返します。

 

ホステルが見つからない

途中何回も止まりながらもシェーンブルンダンジョンを脱出した僕たちは、やっとこさホステルに向かいます。

市内でお世話になった観光案内所のおばちゃんに地図に印もつけてもらったし怖いものなんてありません。

 

しかし、歩けど歩けど全くホステル出てこない。

地図がかなり引きの図で字も小さくて見にくいのも悪かった。

 

地元住民に聞けど聞けど見つからない。てかまず英語があんま通じない。

5,6人に聞いたでしょうか?

小さい子連れのお母さんに聞いてみました。

すると、ホステルがある道はご存知らしく、そこまで連れっててくれるとのこと。

涙ちょちょぎれました。

 

大通りから外れ、人影の少ない路地を奥に奥に入り込んでいく。

10分ぐらい歩くと出てきました。

 

いやこんなんわかるかい!!

 

地元民でも難しそうな道でした。

ダンケ、シェーンブルン」

なんてふざけながらお母さんにお別れを告げる。

 

写真は部屋から撮ったもの。

f:id:nov13:20160829180140j:plain

 

本日のお宿はこちら。

ホステル感満載のホステル。値段は1泊20ユーロもしなかったと思う。

この受付どう見ても光の配置バランスおかしいですよね?

f:id:nov13:20160829180240j:plain

 

部屋は4人部屋で相部屋。

すでに白人2人組がぐーたらしてました。

f:id:nov13:20160829180250j:plain

 

荷物を置くと体がものすごく軽くなり、テンションも上がり、ホステル備え付けのバーへ。

欧米のホステルにはバーが結構付いてます。

結構ガヤガヤしている様子。

f:id:nov13:20160829182231j:plain

 

お酒もかなり入ってきたとろで、北欧(国わどこか忘れました。)出身のイケメン兄ちゃんにビリヤード勝負を挑まれました。

ビリヤードに少々自信のある僕は喜んで受けて立ちます。

 

2対2の8ボール!!

ルールは簡単!!15個ある玉を8から下と上の番号で分けます。

ノブチーム:9〜15のハイ

北欧イケメン:1〜7のロー

自分のチームのボールを先に全て落とし、最後に8を入れたチームが勝ちです。

8はどこのポケットに落とすか宣言して指定したポケットに入れなければいけません。

*自チームのボールを落とす前に8を落とした場合、指定したポケットとは違うとこに落ちた場合は即負けです。

 

終盤まで接戦。アメリカ仕込みの僕も負けてません。

f:id:nov13:20160829182245j:plain

 

このあと、僕が最後の1個落として8を沈めれば勝ちという状況でミスって先に8落としてあっさり負けました。

 

もちろん酒奢りました。

 

ヨーロッパ初日からフル回転の僕たちは、死んだように寝ましたとさ。

 

まだまだ旅は続く。

次の日気まぐれでチェコ(ブルノ)へ!!

Copyright © 2017 ノブノブログ All rights reserved.